アンチウイルスサービス

お客様がmincメールサーバを介して送受信されるメールを全件チェックし、ウイルスが添付されているもの(ウイルスに感染しているもの)をチェック・駆除して、お知らせします。
メールを媒体として感染するウイルスの被害を未然に防ぐことができますので、お客様のパソコンへこれらが侵入することはなく安心です。

 アンチウイルスサービスの流れ01



  1. お客様宛てに、ウイルスに感染したメールが送信されてしまう。
  2. インターネットを経由して、ウイルスチェックサーバにメールが届きます。
  3. ウイルスチェックサーバが、メールをチェックし、ウイルスに感染しているメールを駆除します。
  4. ウイルスを駆除した旨をメールに書き加え、mincメールサーバにメールを配信します。
  5. 通知は『virus_alert.htm』というhtml形式のファイルが添付されます。
    添付ファイルの内容は以下の通りになります。

——————-Title : ウイルスの警告——————
メールに添付されていましたファイル******(ファイル名)が
ウイルス******(ウイルス名)に感染していました。
この添付ファイルは修復できませんでしたので削除いたしました。
なお、ワーム型ウイルスに感染しているメールの差出人(送信元)アドレスは
詐称されている場合がほとんどですので、
このメールの差出人アドレスが実際の送信者のものではない場合もありますのでご注意ください。
ウイルスの詳細につきましては、下記のページを参照なさってください。
○McAfeeセキュリティ情報 http://www.mcafeesecurity.com/japan/security/
ミンクインターネット
———————————————————
(このメールはウイルス削除済みなので、安全です。 )



ご注意

  • ウイルスチェックサービスは無償で提供します。
  • このサービス導入に伴う、設定の変更は必要ございません。
  • このサービスはmincメールサーバーを介してやり取りされるメールのみチェック対象となります。
  • このサービスはお客様のパソコンへのウイルス侵入を完全に防ぐことをお約束するものではございません。
  • このサービスはメールを媒体として感染するウイルスにのみ対応いたします。Webやその他の媒体を経由して感染するウイルスについては駆除できません。
  • ウイルスによっては、送信時の駆除が出来ない場合がございます。
    (例:Badtransなどの場合、ウイルス本体がメールを送信する機能を持ち合わせているため、mincメールサーバーを経由せず送信時の駆除が出来ません。受信時の駆除は行います。)
ページの先頭へ