ホームページ設置に関して

CGI/SSIのご利用について

CGIやSSI(Server Side Include)は、ご利用可能です。
ただし、 お客様設置のCGIに関してはサポートいたしかねますので、ご了承ください。
また、SSIに関しても以下のような制限がございます。

  1. SSIは、通常のHTMLファイル中に様々な命令を埋め込むことで、部分的に動的なページを実現する機能です。
    MINC の Web サーバでは、コマンド実行命令以外の SSI 命令をご利用いただくことが可能です。
    (コマンド実行命令:#exec、#exec cgiなど)
  2. SSIをご利用のお客様で、htaccessに以下を記入してる場合は正常に動作しませんので確認・修正をお願いいたします
    「AddType text/x-server-parsed-html .html」

    等を記述している場合、正常な閲覧ができませんので以下のように修正をお願いいたします。
    「AddHandler server-parsed .html」

ファイル名について

サーバにおいては、ファイル名及び、拡張子の大文字・小文字は区別されます。
そのため、出来る限り、小文字に統一されることをおすすめします。
ファイル名に関しては、英数字、-(ハイフン)、_(アンダーバー)がご利用頂けます。
全角文字や半角カナはご使用になれません。

なお、お客様の最初のページ(トップページ)は、必ず “index.htm” または、”index.html” として下さい。
それ以外のページのファイル名は、任意の名前をおつけ下さい。

拡張子に関しては、次のとおりに設定してください。

ファイルの種類 拡張子
HTMLファイル  .htm又は.html minc.htm
cgiスクリプトファイル  .cgi minc.cgi

転送時のご注意

作成されたホームページのデータはFTPでサーバに転送して下さい。
FTPの設定方法に関しては、各種設定方法をご覧ください。
転送モードについて
FTPでのファイル転送には、バイナリ形式とテキスト形式(ASCII形式)の2通りがあります。 ファイルの種類によって、使い分ける必要が有りますのでご注意下さい。

ファイルの種類 転送形式
画像ファイル(*.gif/*.jpgなど) バイナリ形式
CGIスクリプト(*.cgi) バイナリ形式
テキストファイル(*.txtなど) バイナリ形式
テキスト形式
HTMLファイル(*.htm/*.html) バイナリ形式
テキスト形式

※ HTMLファイル・テキストファイルは、バイナリ形式とテキスト形式のどちらでも構いません。

このページのTOPへ